アクセンチュアへ転職された仲間との情報交換

プロジェクト管理会計Blog

先日 外資系コンサルティング会社の「アクセンチュア」に転職された仲間とオンラインミーティングをしました。
今年の春に大手システム会社からの転職。

現在はいくつかのプロジェクトを携われられているとのこと。
主なプロジェクトは、大企業のHR系 もう一つは自治体系のBPOプロジェクト
ほぼリモート業務とで推進できているらしい。

アサイン状況はフルコミット状態
プロジェクトは「勤怠管理」=「稼働管理」でばっちり管理されているということです。

コンサルティング会社は、売り上げに対する原価は、人件費が殆どを占めます。
正確に「稼働管理」をマネジメントがチェックし、過去のデータを変更できないように「締め処理」も厳格にされています。

内部統制的にも、ワークフローと「新規」「編集」「閲覧」「削除」といったシステム権限を持たせることが大事です。

私が以前 プロデュースした「eMplexPBM」というプロジェクトバジェット・マネジメントシステムも
元アクセンチュアのメンバーがボードであったということもあり、その部分をしっかり踏襲させていただきました。

今回の情報交換は40分程、色々と刺激を受けましたし、最新の情報も得られました。
さまざまな業種の方々と情報交換するのは、ほんと大事ですね。引き続き継続をしていきたいと思います。

関連記事

カテゴリー

最近の記事

  1. 伊勢丹を早期退職された友人との情報交換

  2. プロジェクト管理会計BLOGリスタート