FutureOne、ドコモ・システムズ社のクラウド型企業情報システム「dDREAMS」を販売

ERP・基幹業務システムなどITソリューションで中堅・中小企業の企業価値の向上を実現させるFutureOne株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:荒井 政美)は、ドコモ・システムズ株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西川 清二)のクラウド型企業情報システム「dDREAMS(ディードリームス)」の優位性を検証し、9月より販売開始します。

■クラウド型企業情報システム「dDREAMS」とは
dDREAMSは、ドコモグループ内の共通情報基盤として15年以上にわたって自ら開発を繰り返し、グループの業務効率化、働き方改革を実現してきた実績あるシステムです。スケジュール登録を起点としたシングルインプットにより、プロジェクトごとに原価を集約し、データを一元管理します。また、残業申請漏れやサービス残業を徹底的に防ぎ、労働時間・有給休暇の取得状況を見える化することで、一人ひとりのタイムマネジメント意識を向上し、労働の「質」の改善と生産性向上に繋げます。精緻なプロジェクト原価管理により企業の成長を促すとともに、同時に働き方改革促進の基盤として業務効率化の実現を図るソリューションです。
実際にドコモグループでは「dDREAMS」の活用を通じて、旅費申請関連業務を52%削減、また支払業務や文書管理などの業務委託コストを73%削減、さらに電子化によって紙のコストを96%削減するなど、その導入効果を大きく発揮しています。ドコモグループに加え、2016年には新たにNTTグループにも導入され、現在は22万ユーザーの業務を支えています。