内部取引について

プロジェクト管理会計研究所 古谷です

社内売上とは部署間での取引で生じた売上で
管理会計特有の売上高になります
売上が発生した場合
Aの部署では内部売上
Bの部署では内部費用が計上されます
財務会計上ではこの処理を消去します

社内取引は、社外との競争関係が無いので、一般的に価格が高くなりがち
前職では、その高い社内費用で設定した価格を社外へ提案し、案件が失注することもありました
内部取引価格を設定し、部門間で利益が相反するので軋轢が生じやすくなります。

社内で取引されるサービスに類似するサービで市場価格を有する場合、
その市場価格に基づいて調整された価格を内部取引価額として使用するのが望ましいと思います

photo by yukiharu furuya


「プロジェクト型ビジネスでの運用方法
規定案 レポート集などの独自ノウハウなどをデジタルコンテンツで提供しております。」
http://projectkanri.shopselect.net