工数管理&勤怠管理 チームスピリットの新シリーズ製品「TeamSpirit WSP」、カゴメが採用

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

チームスピリットの新シリーズ製品「TeamSpirit WSP」、カゴメが採用されたニュースのご紹介です。
株式会社チームスピリットは、2018年10月16日、同社の新シリーズ製品『TeamSpirit WSP』がカゴメ株式会社に採用されたと発表しました。

チームスピリットは、「働き方改革」プラットフォーム『TeamSpirit』の開発・提供を手がける企業で『TeamSpirit WSP』は、『TeamSpirit』の新シリーズとして2016年より開発が進められていました。

『TeamSpirit』は、勤怠管理工数管理といった従業員が日々利用する機能を融合することで、従業員が意識しないうちに働き方のデータを収集し、各人の「働き方」をリアルタイムに可視化するクラウドサービスです。
また、最優先事項を明確にすることで、「質の高いアウトプット」ができる環境作りにも貢献しています。

『TeamSpirit』の新シリーズ『TeamSpirit WSP』は、新開発のプランナー機能の搭載により、スケジューラーと連携したタイムマネジメントが可能となりました。
また、プランナーを中心として勤怠管理・工数管理・経費精算などの機能間連携を強化。グループ会社対応や人事異動など大企業に必要な機能も充実させ、マルチナショナルで活動する企業の利用も可能となっている。

『TeamSpirit WSP』採用を決めたカゴメは、「働き方改革」「生き方改革」として柔軟な働き方を推進し、またタイムマネジメントの実現など先進的な取り組みも行ってきた経緯を持つ。こうした取り組みを行う中で同社は、『TeamSpirit WSP』を高く評価して導入に至ったとのことです。

TeamSpirit – 株式会社チームスピリット
https://www.teamspirit.co.jp/